小田急ハイウェイバス(夜行便)にコンセント付き車両登場

2013年3月22日

小田急ハイウェイバス(夜行便)に、携帯電話等の充電ができるシートコンセント付き車両が登場します。
No.33号車


肘掛下部に付いています。

1日の終わりに旅立つ夜行バス。そして翌朝からの行動に今や欠かせないアイテムが携帯電話やスマートフォン。
眠っている間に充電できればいいのに...という声に応え、小田急ハイウェイバス(夜行便)のシートにコンセントを備えました。
今回取付け改造した車両はNo.33号車。三菱ふそう製(PJ-MS86JP)のブルーの夜行専用車です。
当社として初めてのシートコンセントですので、使い勝手やお客さまのお声等を伺いながら、他の車両にも導入していく予定です。

導入時期 2013年3月
運行路線 小田急ハイウェイバス(夜行便)の下記の路線
 ・新宿~秋田線 フローラ号  ・新宿~三原線 エトワールセト号
 ・新宿~岐阜線 パピヨン号  ・新宿~倉敷線 ルミナス号
 ・新宿~高知線 ブルーメッツ号
ご注意 2013年3月現在1両のみです。運行路線は固定されていません
使用対象は携帯電話、スマートフォン、携帯音響機器などの小電力機器の充電です。ドライヤーやヘアアイロンなど消費電力の大きな機器は使用できません。これらの機器類を使用されるとバッテリーに負荷がかかり、他のコンセントを含め回路を遮断する場合があります。(運行中の復旧はできません。) また、バスの運行に支障をきたす(バスが走行不能になる)恐れがあります。
充電アダプターの形状により通路にはみ出すことがあります。通路を歩かれる方の妨げにならないようご配慮下さい。(破損等に当社は責任を負いません。)
※夜間消灯中の携帯機器類の使用は、灯り漏れや音漏れなどで他のお客さまのご迷惑となる恐れがありますのでお控え下さい。

ページトップへ戻る