【小田急シティバス】弊社バスの人身事故に関するお詫び

2017年11月28日

弊社バスの人身事故に関するお詫び

 11月24日(金)16時頃、県道22号線(神奈川県海老名市門沢橋4-7)において、貸切バスが横断歩行者を跳ね重傷事故を惹起させてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。負傷された方の一日も早いご回復を祈念申し上げます。また、事故惹起に際し多くの方々にご迷惑とご協力を頂きましたことをお礼申し上げます。

 11月25日(土)13時頃、赤堤通り(東京都世田谷区桜上水1-19)において、受託路線バスが電信柱に衝突する事故を惹起させ、ご乗車頂いた多くのお客さまが負傷されました。負傷されたお客さまには、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げるとともに負傷されたお客さまの一日も早いご回復を祈念申し上げます。

 輸送の安全を徹底するため、事故の再発防止、安全対策に全力を上げ取り組んでまいります。

小田急シティバス株式会社 
取締役社長 翠 川 文 博

ページトップへ戻る